外国人によるインドネシアの不動産の購入とリースの変種。

私たちのゲストは時々バリで財産を購入/リースする可能性について尋ねます。
私たちはいくつかの役に立つ情報を公開することにしました。

インドネシアの法律によると、外国人はインドネシアで財産を所有することはできません。彼らはそれを借りる権利しかありません。

1)Hak Pakaiの「使用権」。
外国人は、州当局によって登録された彼の名前が印刷された証明書を受け取り、インドネシアの法律によって保証された土地/家を使用する独占的権利を外国人に与えます。 この権利は30年間、20年間延長され、さらに30年間、合計80年間延長される可能性があります。 この権利は、0.5ヘクタールを超えることができない1単位の土地、土地の面積についてのみ外国人に付与されます。 このように不動産を手配するために、買い手は就労ビザ/居住許可を持っていなければなりません。 法律の最近の改正に関連して、不動産のこの種の所有権は国内の永住権の場合にのみ便利です。 インドネシアからの移住の場合は、1年以内に他の人(就労ビザを持っている外国人または居住者)に権利を譲渡する必要があります。そうでなければ、州は補償なしに資産を撤回する権利を留保します。 土地関連の取引はすべて、取得予定の土地があるインドネシアの公証人事務所、Pejabat Pembuat Akta Tanah(PPAT)で締結する必要があります。

2)ハクセワ - 「借地権」。
所有者(RIの市民)と投資家(外国人)の間の通常のリース契約。 リース契約は2人の証人によって公証または確認することができますが、それらは関連当局に登録されていません。これは前の選択肢とは異なります。 たとえ100%年であってもそれを借りることにした場合には期限は設定されていませんが、契約には相続権と義務を含めるべきです。
公証人との賃貸借契約を確認することを決心した場合 - 各公証人は自身の賃貸借契約の有効期限を設定することができ、おそらくあなたはお互いに続いていくつかの契約に賃貸借契約を分割する必要があります。
賃貸借契約には、賃貸人が受け取る所得に対して家主が税金を支払う必要性を規定する条項が含まれていることに注意してください。この項目が書面で解決されない場合、税務調査官が家主に来て、テナントからの税金の支払いに追加の支払いが必要になる場合があります。

3)Hak Guna - 「造る権利」。
不動産を所有するこのオプションは、法人に限られています。法人の形式にかかわらず、国内で登録されている会社です。 このフォームは、さまざまな不動産を建設し所有することを可能にします。この権利は30年間会社に与えられ、80年まで延長する可能性があります。 この権利で、会社はその上に土地と造られた家をインドネシア人に売るか、それを外国人にリースすることができます。 これは、Penanaman Modal Asing(PMA) - 外資系企業 - を通じて行うことができます。

4)ハク・ミリック この組み合わせの文字通りの翻訳は、「無条件の財産権」または「自由保有権」です。
インドネシアの法律の下では、その市民だけがこの国の土地を所有することができます。 しかしこれにもかかわらず、外国人が名目上の保有者を使用して不動産を取得することを可能にするスキームがここにあります - この変種は違法だが広く使用されていると見なされます。
候補者を使用して物件を取得する方法は2つあります。
a)外国人投資家とインドネシア国民(名目上の保有者)との間の公証された貸付契約。ここで購入された不動産は発行された貸付に対する誓約とみなされた。 名義人が弁護士の権限を無効にしないことを保証するために、彼と外国人の間に公認の合意があり、ローンの事実を確認する文書と、追加の長期リース契約があります。
b)融資契約がなければ、名義人と外国人との関係を規定する公証契約、および名義所有者が自分の行動や不作為によって土地の購入者の意志に反することができず、購入者の指示に従わなければならないという契約特定土地の売買に関すること。 契約は、名目上の保有者に対する補償、すなわち将来の土地の転売の可能性からの毎月の支払いおよび/または手数料を設定します。
もちろん、この方法には重大な欠点があります。最も重要なのは次の事実です。不動産の実際の所有者はインドネシアの市民であり、彼とのあなたの協力は信頼の問題です。 このオプションには欠点がありますが、課税、経営管理に関連する多くの利点があります。
外国人が彼の候補者に満足していない場合、彼は公証人に連絡することによって彼を置き換えることができます。 候補者の変更手続きは、現存する候補者の書面による通知を必要とし、土地の証明書に指定された人の変更に対する税金の支払いに関連しています。
物件の所在地によって異なる、土地の取得に関するニュアンス
  • 公道の道路を使用する許可はこの道路上のすべての世帯によって署名されなければなりません(彼らはかつて彼らのお金のためにそれを造りました、そしてこれは彼らの道です、隣人の署名によるこの文書の欠如は追加費用でいっぱいです)
  • 土地を購入する場合は、すぐに隣人と知り合いになり、建設予定のものを教えてください - 建物の許可を申請するには、彼らの署名が必要になります。
  • あなたは自分自身で地面を測定し、寸法が証明書に示されたものと一致することを確認する必要があります(一致する場合は異なるが、この土地が必要な場合は、証明書の更新に最大1年かかるでしょう)
  • すぐに村の長を知り、建築許可の申請書に署名を得るための条件を見つけることが得策です。 - 土地の負担について調べる - 村のコミュニティにいくらかの貢献をする必要があるか(banjarに)、いつ、どのくらい(たとえば、年に一度、コミュニティに米を1袋購入するか、いくらかの金額を支払うか) )
課税について インドネシアで:
課税にはいくつかのレベルがあります。中央政府税、地方税、所得税です。
この国の税制では、ここに住んでいるのは主に貧困者であるという事実を考慮に入れています。 その結果、所得が5000万ルピー未満の人は税金を免除され、所得が5億〜2億5000万ルピーの人は5%の税金を支払います。税金は30%です。夫婦は、法律により、単一の合同税を支払います。

インドネシアの市民ではない人は、インドネシアで受領した所得に対していわゆる課税が課されます(これには、家賃のために住宅を借りた結果として受領した所得も含まれます)。 また、財産の譲渡は課税の対象となります。 キャピタルゲイン税は、オブジェクトの合計販売額の20%に相当します。

法人税:
標準料金25%
株式の40%以上がインドネシア証券取引所で取引されている公開会社20%
年間売上高が500億IDR未満の中小企業12.5%
年間売上高が48億IDR 1%未満の中小企業

インドネシアの固定資産税は、オブジェクトの推定値の0.5%です。
土地および建設税は毎年支払われ、税務局(Direktorat Jenderal Pajak、Kementerian Keuangan Republik Indonesia)の地方事務所によって管理されています。
価格は地域によって異なりますが、通常、施設の価値の0.1%から0.2%です。
毎年再評価が行われる急成長地域を除き、税は3年ごとに再評価されます。
10億ルピー以上の住宅には、税率のトップ(0.2%)で課税されます。
土地の一部がその所有者を変えるとき、売り手はその価値の3%を払わなければなりません、買い手はその価値の5%を払わなければなりません。

付加価値税は家賃に適用されます。 住宅 - 10% コマーシャル - 6

税金と手数料:
土地証明書の所有権の変更、変更期間3-6ヶ月
買い手は5%を支払い、売り手は3%を支払います
公証人/法務サービスの支払い1〜2%、購入者による支払い
登録料0.2%売り手が支払った
売り手が支払った不動産エージェントの手数料5%
土地のリース - 法律によると、家主は所得税(10%)を支払う必要があり、この点は契約で解決されるべきである。